会長就任のご挨拶

ウイズコロナでの船出と同窓会のさらなる飛躍を求めて

 

会長 八田誠治  

 

 2020年度京都工芸繊維大学同窓会(以下KIT同窓会と呼ぶ)の5月の理事会(書面会議)で推挙をうけ、6月の総会(書面会議)でKIT同窓会会長として信任を受けました、八田誠治です。

 前山崎達夫会長の後を受け、KIT同窓会としては第6代目の会長となりますが、新型コロナウイルス感染状況の下で大変な船出が予想されます。

 KIT同窓会は平成19(2007)年に産声を上げて13年経過しています。釈迦に説法かもしれませんが、京都工芸繊維大学の学部統一を受けて、それまでの同窓会であった京都工大会と衣笠同窓会も平成22(2010)年に合流して今日のKIT同窓会に至っています。KIT同窓会の新体制が整ったその年には大学とKIT同窓会が一体となって盛大に60周年(開学110周年)を迎えられたのが昨日のように思え、期待に胸ふくらませたものでした。しかし、その期待も萎んでいく中で前山崎達夫会長が新たな組織の在り方を示されました。その間にいろいろな考え方や、軋轢がありましたが、その垣根を取り払い、真に同窓会組織の在り方と体制を見直され、「会則」の改定と「会議体規程」の制定を行われました。2期4年にわたってのご苦労と、ご尽力は万人が認めているところです。

 この新たな同窓会の体制を受け継ぎ、軌道に乗せ発展(おこがましい言い方ですが)させることが、私に課せられた使命と思っています。その中で会長という重責で武者震いばかりして足が思うように動かせない状態です。でも、今期の理事に就任していただいた方々は、同窓会活動に熱い思いを持っておられる方々ばかりで、英知と力をお借りして、理事をはじめ同窓生の皆様方のご協力の下で新たなる船出をしたく思います。

 中でも、二つの会議を同窓会活動の根源として引き継いでいきたく思います。一つ目は「支部・基盤同窓会」です。同窓生で構成されたあらゆる個々の同窓会を集結させたもので25団体がKIT同窓会に集結し、それぞれの団体から理事、代議員が選出され組織運営を行っている。このことを説明していきたく思います。また、学生会員とOBとの交流であるクラブや同好会にも参加を呼び掛けていきます。若年層をも取り込んだ同窓会意識を盛り上げていきたく思います。また、「口は出さぬが、金はだす」の姿勢のもとで、会則に従って活動交付金をお渡ししていきますし、秋の「松ヶ崎祭」と連動して共同企画事業を行っていきたく思います。二つ目には大学と同窓会の「連絡協議会」の効率化と機能化です。これについては前山崎達夫会長からも申し送りを受けています。本学は実学(実験・実習)と研究開発に特色を持たせているので、対面授業を外したITを用いたオンライン授業ですべてが乗り切れるはずもなく、また新入生にはパソコン関連の機器の充実も課題になっています。さらに「京都工芸繊維大学基金」の基盤充実と合わせて、種々の課題に協力していきたく思います。

 アンダーコロナ状態から脱却しても2,3年はウイズコロナの下での同窓会活動が予想されます。経済活動は従来の遅れを取り戻そうとしていますが、学術・文化・芸術などの社会活動は今までとは同じように行かないのではないかと思われます。仕事も会議も「オンライン会議」や「書面会議」に代わってしまうのが当たり前になるかもしれません。3つの密接を避けるためフェイスtoフェイスの会議は開かなくなるかも。

でも「同窓会活動の目的は会員相互の交流と親睦、ならびに大学への寄与」という不変のミッションの下では何か物足りなさを感じながら、社会状況の変化に対応していきたく思いますので、同窓生の皆様方、よろしくご協力のほどをお願いいたします。