新年のご挨拶(令和二年元旦)

新年のご挨拶

 

 新年あけましておめでとうございます。

 同窓会会員の皆様方には、令和になっての初めてのお正月を恙なくご健勝にお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。

オリンピックイヤーとなる本年は、この日本に世界中から多くの人々を「おもてなしの心」で迎え入れ、平和で晴れやかなスポーツの祭典となることが期待されます。

 一方で最近の世界情勢は分断と対立に揺らぎ、経済の下振れ予想もあり、不安定化と流動化の懸念を深めています。また、わが国では少子高齢化の進行と、IT技術革命が急激に進み社会構造の変革が避けられない情況です。

 これらの変化に備え、日本経済と社会の継続的発展、成長に欠かせない高等教育の在り方についても早急に制度の設計と改革の要望が高まっています。

 私たちの同窓会も、これまで以上に大学に寄せられる社会的要請や変革に共同して対応し、活動を進めねばなりません。

 本年も、これまでに益して皆様方のご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。

 

令和2年1月1日         

 

               京都工芸繊維大学同窓会      

                   会長 山崎達夫