KIT同窓会について

ミッションステイトメント


  1. 私たちの同窓会は、母校の理念 価値観を共有し、会員が相互の世代を超えて親陸を図るとともに、継続的支援者として母校の発展に寄与貢献する。
  2. 私たちの同窓会は、「知と美と技の融合」を目指す母校と連携協調して、学術と文化及び産業分野における社会的課題に応える支援と活動を行う。 
  3. 私たちの同窓会は、良質な政策のもと、調和と一体感を持って誠実に会を運営し、活動を推進する。

支部長・部会長会議を行いました。[京都工芸繊維大学工繊会館多目的室](2017.12.02)


KIT同窓会 松ヶ崎祭企画建築見学会と懇親会を行いました。(2017.11.24)


<見学会>石村亭、重要文化財旧三井下鴨邸 

引率:矢ケ崎善太郎(デザイン・建築学系)、中山理恵(デザイン・建築学系)、早矢仕耕平(建築学専攻院生)

<懇親会>学生フォーミュラ参戦プロジェクトチームGRANDELFINO、ロボコンチームForteFibreおよび古美術研究会の活躍に対し、KIT同窓会より活動支援を行いました。各団体の先生方に出席いただき活動の状況をお聞きできました。また、学生一人ひとりの声も聞くこともできました。


京都工芸繊維大学学長主催KIT国際交流の夕べにて、古山学長より同窓会へ感謝状と記念品の贈呈がありました。(2017.10.25)


 平成29年10月25日(水)に、四条烏丸のホテル日航プリンセス京都において、「京都工芸繊維大学学長主催KIT国際交流の夕べ〜KIT International Night 2017〜」が開催され、山崎会長が来賓として出席しました。

 このパーティーは、学長挨拶、中国領事館領事の来賓挨拶に始まり、舞妓による演舞も披露されました。続いて、京都市条例に基づき森肇国際担当理事の「日本酒で乾杯」の発声により宴が始まり、会も盛り上がってきたところで、同窓会に対して感謝状と記念品の贈呈がありました。

 古山学長からは、今年度、現在のところ180名近くの学生を本学のグローバルインターンシッププログラムにより海外の大学等に派遣することができており、去年のこの時期より約40名増加していることや、サマースクール参加など幅広く派遣学生に対し手厚い支援ができるのも、ひとえに同窓会様のご支援があってこそとの謝辞がありました。


Alumni Association of Kyoto Institute of Technology