京都工芸繊維大学同窓会会則

制定 平成18年6月17日、改正 平成20年6月28日、改正 平成22年7月3日、改正 平成23年6月25日、改正 平成24年6月30日、改正 平成26年6月28日、改正 平成28年6月18日

(設立趣旨)
京都工芸繊維大学工芸学部と同繊維学部は、100有余年の長い伝統を持ち、両学部の卒業生はそれぞれ京都工大会(工芸学部)と衣笠同窓会(繊維学部)を組織して、同窓生の交流を深めてきた。
平成18年4月1日付けで、京都工芸繊維大学が両学部を統合して、工芸科学部に改組再編されたことに伴い、工芸科学部及び工芸科学研究科の在学生及び卒業生を支援し、前身両学部と研究科の諸先輩との交流を深めるため、新たな同窓会が設立された。本会は、京都工芸繊維大学の在学生・卒業生・教職員の交流と親睦を図り、もって母校の発展、学術文化および産業の振興に寄与することを目的とするものである。

第1章 総 則

(名称)
第1条 本会は、京都工芸繊維大学同窓会〔略称:KIT(ケイアイティ)同窓会〕(以下「本会」という。)と称する。
(事務所)
第2条 本会の事務所(以下「事務局」という。)は、京都市左京区松ヶ崎鞍馬田町15-1、京都工芸繊維大学(以下「母校」という。)同窓会パビリオン内に置く。

 

第2章 目的、事業及び個人情報保護

(目的)
第3条 本会は、会員相互の交流と親睦を図り、もって母校の発展、学術文化及び産業の振興に寄与することを目的とする。

(事業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

  • (1) 総会、懇親会及び、その他会員の交流と親睦を図る会合

(2) 会員名簿の維持管理

(3) ホームページの作成及び維持管理

(4) 会誌等の図書の刊行

(5) 母校の教育・研究の充実に対する援助

(6) その他本会の目的達成するために必要な事業

(個人情報保護)
第5条 本会は、会員の個人情報を保護するため、京都工芸繊維大学個人情報保護方針を、別に定める。

 

第3章 会員及び会費

(会員)
第6条 本会の会員は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

  • (1) 正 会 員 母校の学部卒業生及び大学院修了生、又その前身校の卒業生及び修了生、当該母校に学籍を置いた者で正会員の推薦により理事会で承認された者

(2) 学生会員 母校の学生で前号によらない者

(3) 特別会員 第1号の規定によらない、母校の現教員及び職員

(4) 名誉会員 理事会が特に認めた者

(会費)
第7条 正会員、学生会員の会費は、次のとおりとする。

  • (1) 正会員は、年額金3,000円を納付する。

(2) 学生会員のうち工芸科学部学生は在学中の会費として入学時に10,000円を納付する。

(3) 正会員は、終身会費として30,000円を納付することができる。また、本会設立以降に10か年分納付した会員についても終身会費を納付したものとみなす。

(4) 工芸科学部入学時に、学生会費5,000円と賛助金15,000円を納付した会員は、さらに10,000円を納付することにより終身会費を納付したものとみなす。学生会費10,000円と賛助金20,000円を納付した会員はこれをもって終身会費を納付したものとみなす。

2 特別会員及び名誉会員は会費を納めることを要しない。

 

4章 役員及び職員

(役員)
第8条 本会に次の役員を置く。

  • (1) 会 長   1名

(2) 副会長  若干名

(3) 理 事  100名から150名程度

(4) 支部長  若干名

(5) 監 事  2名

(6) 顧 問  若干名

(7) 専務理事  1名

 

(役員選出)
第9条 第8条の規定に基づく役員候補者の選出は、次の各号による。

  • (1) 会長候補は、理事の互選による。

(2) 副会長候補は、会長候補者によって指名され、理事会の承認を必要とするものとする。

(3) 理事候補は、課程・学科(専攻)単位、卒業(修了)年単位別、また、学内及び学外の選出区分ごとに選出するものとする。また支部長は理事候補とする。

(4) 総会開催までに、正副会長会議又は理事会において、役員の後任者又は新規ポストに係る選出が審議・承認された者をもって、所要の実行担当者として「事務取扱」を会長が発令できる。

(5) 特別会員は、理事会の議を経て理事候補とすることができる。

(6) 監事候補は、理事会によって選出するものとする。また、監事候補が理事の職にあるときは、理事を退くものとする。

(7) 顧問候補は、理事会によって選出するものとする。

(8) 専務理事候補は、会長によって指名され、理事会の承認を必要とするものとする。

2 第8条の規定に基づく役員は、前各号で選出された候補者を総会に提案して決定するものとする。
3 京都工芸繊維大学学長を本会名誉会長として推挙する。

 

(役員の任期)
第10条 第8条の規定に基づく、役員の任期は2年とする。ただし、会長の再任は認めない。
2 役員に欠員が生じた時は、必要に応じて後任者を選出し、補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。

 

(役員の任務)
第11条 会長は、本会を代表し、会務の統括及び総会・理事会・正副会長会議の招集を行う。
2 副会長は、会長を補佐する。会長に事故あるときは、会長があらかじめ指名した副会長が、その任務を代行する。
3 理事は、理事会を組織して重要会務を審議し、総会の議決に基づき、事業の遂行に協力する。
4 支部長は、支部を代表し支部の会務を執行するとともに、事務局との連絡を密にして本会の事業に協力する。
5 監事は、本会財産の監査及び事務局会計執行状況の監査を行い、理事会及び総会で報告するものとする。
6 顧問は、理事会の諮問に応じ、意見を述べる。
7 専務理事は、本会に関する事務を統括し、事務及び事業を処理する。

(役員の解任)

第12条 次の場合は、役員を解任することができる。

(1) 理事の3分の2以上の解任請求があった場合

(2) 任務に耐えられない状況やその他やむをえない事情が生じ、理事会がそれを認めた場合

(3) 第9条第1項第4号に規定する「事務取扱」の職務は、理事会の決議・承認により解任できる。

(職員)

第13条 本会の事務を処理するため事務職員を置くことがきでる。

2 事務職員の就業に関する事項については、別に細則で定める。

 

第5章 会 議

(会議)
第14条 会議は、定期総会・臨時総会、正副会長会議及び理事会とし、議事は、出席者(委任状を含む)の過半数をもって決する。
2 定期総会は、毎年1回会長によって招集され、次の事項を議決する。

  • (1) 役員の選出

(2) 事業計画、収支予算書並びに事業報告、収支決算書、貸借対照表及び監査報告

(3) 会則変更

(4)  その他本会目的達成に重要な議案。

3 臨時総会は、次の各号の場合に招集する。

  • (1) 理事会が必要と認めた場合

(2) 総会構成員の5分の1以上から会議に付議すべき事項を示して総会の招集を請求された場合

4  正副会長会議は、会長が招集し、第18条に規定する総務委員会で検討・提案された事項を決議する機関とする。
なお、正副会長会議で新たに提案された事項は総務委員会に送付し、総務委員会の意見を聴取のうえ議決する。
5 理事会は、会長が招集する。また、理事会構成員の3分の1以上から会議に付議すべき事項を示して理事会の招集を請求された場合は、その請求があった日から2週間以内に理事会を招集しなければならない。

6 理事会は、次の事項を議決する。

  • (1) 総会の議案の立案及び議決事項の執行

(2) 事業計画、収支予算書並びに事業報告、収支決算書、貸借対照表及び監査報告

(3) 役員候補の選出

(4) 会則変更

(5) その他本会の業務に関する重要事項で、理事会において必要と認めた事項

 

第6章 資産、会計及び会計年度

(資産及び会計)
第15条 本会の資産は、次のとおりとする。

  • (1) 総会で承認のあった貸借対照表記載の財産

(2) 年会費等の会費

(3) 事業収入

(4) 資産から生じる果実

(5) 寄付金(賛助金)

(6) その他の収入

(会計年度)
第16条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。

 

章 支部

(支部)
第17条 本会に支部を置くことができる。

2 支部の設置は、総会において承認する。

3 支部の経費は、支部所属会員の負担とする。ただし、理事会において支部援助を認めた場合に限り、支部援助金を交付することがある。

4 支部に関する細則は、別に定める。

 

章 総務委員会

(総務委員会)
第18条 本会に総務委員会(以下「委員会」という。)を置くことができる。

2 委員会は、会長・副会長及び会長が指名する理事若干名で構成する。

3 委員会に、委員長を置くことができる。

4 委員会は、本会の運営に必要な事項を検討する。

5 委員会は定期総会、正副会長会議及び理事会に諮る議案を検討する。

6 委員会に、必要に応じ作業部会を置くことができる。

 

附 則

1 この会則は、平成18年6月17日にから施行し、平成18年4月1日から適用する。
2 この会則は、工芸科学部の当該学生が、平成22年3月に卒業した時点で、改めて見直するものとする。
3 第10条第1項第1号の規定による会長が選出されるまでの間、会長の任務は京都工芸繊維大学長が、本同窓会事務取扱として、会長を代行するものとする。

附 則

1 この会則は、平成20 年6 月28 日から施行し、平成19 年4 月1 日から適用する。
2 学長が本同窓会会長事務取扱を辞任した後、工芸科学部第一期生が出るまでの期間は、第9 条第1 号に掲げる会長を会長代行と読み替えるものとする。
3  現に工芸科学部に在学する当該学生が卒業する平成22 年には、第10 条第1 項第1 号の規定による会長を選出するものとする。

附 則

この会則は平成22 年7 月3 日から施行し、平成22 年4 月1 日から適用する。

附 則

1 第8条第1項第4号の規定による終身会費とは、平成18年4月1日以降に納付された会費の合計額をいう。

2 この会則は、平成23年6月25日から施行する。

附 則

この会則は、平成24年 6月30(以下「施行日」という。)から施行する。ただし、施行日の前日において規定する前納会費制は、平成25年3月31日まで有効とする。

附 則

この会則は、平成26年 6月28日から施行する。

附 則

この会則は、平成28年6月18日から施行し、平成28年4月1日から適用する。